頭皮の皮脂を取り過ぎるとどうなるのか?

人間の肌表面には無数の毛穴があり、そこからは汗や皮脂が絶えず分泌されています。汗は体温調節をする役割がありますが、脂は肌表面を薄い脂の膜で覆うことによって、体内の水分が蒸発しないように保護する役割をしています。いわゆる「バリア機能」と呼ばれる作用です。頭皮はもともと太い皮脂腺が多く、べたつきやすい部位なのですが、髪で皮膚表面がおおわれているために蒸れやすく、ベタベタが気になりやすかったり、蒸れによるニオイが気になることも少なくありません。そうした不快な症状が現れると、多くの人は「皮脂が原因だ」と洗浄力の強いシャンプーを使って、なんとかベタツキを緩和しようとするのですが、実はこの行為が、頭皮トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

 

洗浄力が強いシャンプーなどで皮膚表面をゴシゴシこすると、皮膚にとって必要な脂までも取れてしまい、本来のバリア機能が正常に機能できなくなってしまいます。本来は脂の膜によって体内の水分が蒸発するのを予防していたところを水分の蒸発を防ぐことができなくなってしまうため、皮膚はさらに皮脂分泌が活発になり、過剰分泌することになってしまいます。それが、ベタツキの原因です。皮膚がベタベタすると、自分の肌はオイリー肌だと勘違いして、さらに洗浄力が強いシャンプーを使う人も多いのですが、バリア機能が低下するのは皮膚の乾燥が原因なので、対策としては皮膚をたっぷり保湿できる成分が配合されているシャンプーを選ぶことが必要です。

 

皮脂を取り過ぎると、頭皮は刺激に対して弱くなってしまうため、わずかな刺激や成分に対してもアレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。少しでもトラブルを小さく抑えるために、石油系界面活性剤が配合されているものや、添加物が入ったシャンプーは避けて、無添加で低刺激タイプのものを使うようにしましょう。また、シャンプーを使う量もできるだけ少なくて済むように、シャンプー前にまずはお湯洗いをして肌表面の汚れを軽く取ってあげるのも有効です。

頭皮の皮脂が取れない場合はどうすれば良い?

薄毛や抜け毛など、頭皮トラブルにはいろいろな原因がありますが、その一つに、「毛穴の詰まり」があります。皮脂や汚れなどが毛穴に詰まり、毛穴の奥にある髪の根元である毛母細胞から髪が生えにくい状態になっていると、本来なら生えてくるはずの髪が生えてこなかったり、毛穴に詰まった皮脂や汚れなどを雑菌たちがエサとして食べるためにニキビなどのぶつぶつができてしまったり、また雑菌の繁殖によって臭いニオイの原因になることもあります。そうしたトラブルを根本的な部分で解決できるのが、毎日のシャンプーで毛穴の中をしっかりとお掃除してあげるケアです。

 

まず、シャンプーをする前に温かいお湯でしっかりと頭皮を温めて、毛穴が開きやすい状態にしてからシャンプーしてあげましょう。シャンプー前にお湯洗いをすると、毛穴に詰まっている皮脂や汚れの半分以上をすっきりと落とすことができます。そうすれば、少ない量のシャンプーで頭皮全体をすっきりと洗えますし、毛穴の中に汚れが残ってしまう確率も低くなります。その他には、確実な毛穴ケアをしたい場合には、お風呂の中でシャンプー前に湯船につかり、毛穴をじっくりと開いてあげる方法も効果的です。シャンプーしながら、マッサージをしてあげるのも効果的です。なかなか取れない汚れでも、マッサージをすることによって頭皮が刺激されますから、毛穴が開いて汚れが出てきやすくなります。マッサージをする際には、両手で頭をしっかりつかみ、上に引き上げるような感じでマッサージするのが良いでしょう。

 

また、毛穴を詰まらせない工夫も必要です。例えば、シャンプーの後にコンディショナーをする場合、コンディショナーに配合されている成分が毛穴に入ると、毛穴づまりの原因となってしまいます。シャンプーは頭皮の汚れを落とすためのヘアケア商品で、コンディショナーは髪の毛先を中心につけて髪の艶や保湿をサポートするための商品なので、コンディショナーが皮膚についてしまわないように、毛先を中心に使ってあげてください。

アミノ酸シャンプーを使うことによる頭皮や皮脂への影響

シャンプーには、汚れをすっきりと洗い落とす洗浄成分が配合されています。市販されている商品の中でもさっぱりした洗い上がりに仕上がるものの多くは、石油系界面活性剤と呼ばれる化学洗浄成分が配合されていて、洗浄力が強いのでさっぱりした洗い上がりになるというメリットがある反面、洗浄力が強すぎるために皮膚表面に必要な皮脂までも取りすぎてしまったり、頭皮に刺激となってトラブルを起こしやすいというデメリットがあります。

 

頭皮や毛髪のトラブル(ダメージヘアについて参考URL:ダメージヘアの補修ガイド)で悩んでいる人や、トラブルを未然に予防したい人にオススメなのが、アミノ酸シャンプーです。これは、洗浄成分として石油系の化学成分ではなく、植物成分由来のアミノ酸を使うことによって、肌への刺激を低く抑えているという特徴があります。シャンプーのボトルにはっきりと「アミノ酸」と明記されているものもありますが、「グリシン」「グルタミン酸」「メチルアラニン」「サルコシン」などさらに細かい表記になっているものもあるようです。

 

もともとアミノ酸とは、人間の体を作っているタンパク質成分なので、肌にとっては刺激になることもありませんし、アレルギー反応を起こすリスクもありません。そのため、すでにトラブルを起こしている皮膚や毛髪の人が使っても症状がひどくなってしまう事もありませんし、アトピー肌など敏感肌の人でも安心して使えるのです。自然界に存在するアミノ酸の数は約500種類ぐらいと言われていますが、その中で人間の体を構成しているものは20種類程度で、シャンプーの洗浄成分として使われているのも、その20種類の中から厳選されています。もともと体内に存在する成分なので、アレルギーやトラブルを起こす心配がないというのも納得できます。

 

皮膚に低刺激と言っても、洗浄力が弱いというわけではありません。毛穴の中に詰まっている皮脂や汚れはしっかりと洗い落とすことができますし、皮膚に必要な水分や脂はきちんと残してくれるので、アミノ酸シャンプーとして使い続けることによって頭皮環境を確実に改善することができます。