頭皮の皮脂が原因のにおいを解消するシャンプー

頭皮という部位は、常に髪で覆われているので通気性が悪いため、雑菌が繁殖しやすくなっています。また、ヘアスタイルや帽子などのアクセサリーを使うことによっても皮膚表面で雑菌が繁殖しやすくなり、においの原因となります。雑菌は人間の皮膚表面に常に常駐している細菌なので、放置していてもそれ自体が健康被害やトラブルを引き起こすわけではありません。雑菌と皮脂がコラボすることによって、嫌なトラブルが起こってしまうのです。

 

頭皮だけでなく、人間の毛穴からは外の刺激から体を守るために常に皮脂や汗が分泌されています。皮脂腺が多い場所ではべたつきやすくなりますが、頭皮もべたつきやすい部位の一つ。しかも、通気性が悪くて高温多湿な状況になりやすいことが、雑菌が大量繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。私たちが「頭が臭い」と感じるあの不快なものの正体は、皮脂をエサとする雑菌たちが繁殖する際に分泌するにおいなのです。

 

臭いからと言って洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ頭をこすっても、根本的な部分から解決しなければ悪臭を断つことはできません。爪を立ててゴシゴシシャンプーしたのでは、皮膚の表面に傷をつけてしまい、更なるトラブルを引き起こす悪循環となってしまいます。皮脂分泌を抑えるためには、まず皮膚表面の水分バランスを整えて、バリア機能を正常な状態へと戻してあげることから始めましょう。そのためには、洗浄力が強すぎず、肌にとってもマイルドなアミノ酸系のシャンプーを選ぶのがおすすめです。添加物などが一切入っていない無添加タイプなら、トラブルを起こしにくいですし、トラブルが起きていても悪化する心配がないので安心です。

 

頭皮環境を改善することによって、気になる悪臭も少しずつ改善することができます。その他にも、ヘアスタイルを工夫して、皮膚表面の通気性が良くなるようなショートヘアにしたり、ヘアアクセサリーや帽子などで皮膚表面が蒸れてしまうようなファッションは控えるなど、日常生活の中で工夫できることもたくさんあります。