頭皮の皮脂を抑えるシャンプーの選び方

頭皮には皮脂腺がたくさん通っているため、正しいケアをしなければべたつきやすい部位です。正常な頭皮環境で、正しいスカルプケアやヘアケアをしていれば、頭がベタベタしすぎてどうすることもできないというトラブルは起こることは少ないものです。しかし、この部位は常に髪に覆われていて通気性が悪くなりやすいだけでなく、匂いやベタツキが気になるからと言って洗浄力の強すぎるシャンプーで洗ってしまい、皮膚が乾燥することも多い部位。しかし、髪で覆われているために皮膚の乾燥に気づかずに、洗浄力が強いものを使い続けることによってますます乾燥が進行してしまう事になるのです。

 

確かに、洗浄力が強いシャンプーで洗髪すると、洗い上がりはかなりさっぱりしますし、爽快感も感じることができます。しかし、皮膚の表面にある皮脂を取りすぎてしまうために、肌のバリア機能が低下してしまう事にもなるのです。皮膚が乾燥すると、肌表面の水分がどんどん蒸発し、その不足分を補おうと皮脂分泌がさらに活発になってしまうために、頭の表面は水分が極度に不足していて、脂分が多すぎる状態になってしまいます。これが、頭がベタベタする状態です。ちなみに、もともとオイリー肌で皮脂分泌が活発な人の場合には、ただ頭がベタベタしてしまう場合が多いのですが、乾燥が原因でべたついている場合には、ふけやかゆみなどのトラブルも同時に起こることが多くなります。

 

このトラブルを解消するためには、オイリー肌の場合には脂をしっかり取り除く作用を持つ成分が入ったものを使うのがおすすめです。クレイ成分など吸着力が高い成分が配合されているタイプを使えば、スッキリとした洗い上がりになります。一方、乾燥肌が原因の場合には、皮膚の保湿を心がけることによって、頭皮の水分バランスを整えることができて、ベタツキを抑えることができます。頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下していてトラブルを起こしやすい状態になっているので、できるだけ石油系界面活性剤や添加物などが入っていないシャンプーを選ぶと良いでしょう。